大切な瞳に直接触れるものだからこそ
はじめてのコンタクトレンズには不安もいっぱい。
まずは眼科医による検査・処方を受け
自分に合ったレンズを選び、正しく理解することで
快適なコンタクトレンズライフをはじめましょう。

快適なコンタクトレンズライフ

クリアでワイドな視界

コンタクトレンズは瞳といっしょに動くので、視界が広く、はっきりと見えます。
眼鏡のように目とレンズが離れていないことで、ゆがんで見えたり、位置がズレることがありません。

おしゃれを楽しむ

メガネのように目元が隠れることがないので、素顔の自然な印象を与えることができます。
また、シーンに合わせてカラーコンタクトレンズで瞳の印象を変えることもできます。

解放的になれる

メガネのように温度差のある場所への移動時、雨の時、熱い湯気の立つ食事の時などで曇ることがありません。
曇ってレンズを拭く手間といった、煩わしさから解放されます。

行動的になれる

汗による曇りや、走ったり跳んだりと激しい動きよるレンズのズレを気にせず、快適にスポーツに集中できるのもメリットです。
様々なことをアクティブに楽しめます。

まずは眼科医へ

コンタクトレンズは高度管理医療機器です。
安全に使用するためにも、目の形や健康状態、生活環境などから装用が可能かを眼科医による検査・処方を受けることが必要です。

問診

目の状態、コンタクトレンズを装用したいの理由などについての問診をします。

データ測定

視力検査や目の形状(角膜のカーブ)などの検査を行い、データを取ります。

適正診断

目の健康状態や涙の量、測定データからコンタクトレンズ装用に支障がないかの総合的な判断します。

レンズの選択

生活環境、使用目的、希望するレンズタイプなどから、あなたに合うコンタクトレンズを選択します。

フィッティング検査

トライアルレンズを実際に装用し、あなたに合うレンズの度数や規格を確認します。

レンズの決定

あなたに合ったコンタクトレンズが決定。装用の仕方や、ケアの方法、取扱いについての指導を受けます。